Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

20/03/2015

Toshiba PABAS263 バッテリー

 もちろん、ゲーミングノートの花であるイルミネーションキーボードも健在だ。見た目が楽しいだけでなく、キーボードユニットはおなじみのSteelSeries製で、激しい使用に耐えうる高耐久スイッチを採用するうえ、キーの同時押しにも対応。19ミリピッチでそろえた10キー付きキーボードもタイピングしやすい。一方、LEDで囲われたタッチパッドの入力域は、112(横)×64(縦)ミリとかなり広く、滑りも良好だ。このマシンのユーザーはマウスを利用すると思われるが、ゲーム目的以外ならタッチパッドでも快適に作業が行えるだろう。

本体前面/背面/左側面/右側面。背面にMini Displayport出力を2基、HDMI出力を2基、ギガビットLAN(Killer E2200)を搭載。左側面は4基のUSB 3.0と金メッキが施された音声入出力、SDXC対応SDメモリーカードスロットが並び、右側面に2基のUSB 3.0とBlu-ray Discドライブを搭載する。なお、内蔵無線LANモジュールもm遅延を抑えたゲーミング専用のKiller N1525 Combo(IEEE802.11ac対応)+Bluetooth 4.0が搭載されている。本体サイズは428(幅)×294(奥行き)×48(高さ)ミリ、重量は約3.78キロ【ワシントン西田進一郎】米司法省は3日、不倫相手の女性に機密情報を漏えいした疑いがもたれていた米中央情報局(CIA)のペトレアス前長官(62)が機密情報を含む文書を権限なく持ち出し、保管した罪を認める司法取引に応じたと発表した。米メディアによると、ペトレアス氏は収監されず、数年の保護観察と数万ドルの罰金にとどまる見通しという。ペトレアス氏は、イラク、アフガニスタン両戦争で駐留米軍司令官を務めた元陸軍将校。2011年にCIA長官に就任し、将来の大統領候補として名前が挙がることもあった。アフガン駐留米軍司令官時代に同氏の伝記を執筆した既婚の女性ジャーナリストとの不倫が発覚し、12年11月に辞任。女性のパソコンに機密情報が残されていたため、米連邦捜査局(FBI)が捜査していた。

 司法取引の合意文書によると、ペトレアス氏は11年8月28日、アフガン駐留軍司令官時代に日程管理やメモに使っていたノート数冊を自宅から女性の滞在先に持ち込み、4日後に持って帰った。ノートには、国家安全保障会議(NSC)での協議やオバマ大統領との会談内容などの機密情報が書かれていた。ジャーナリストが書いた伝記に機密情報は含まれていないという。PC USER 20周年特別企画、「PC USERアワード 2014年下半期」では、ITmedia PC USER編集部がジャンル別におすすめ製品を格付しながら紹介していく。今回のテーマは、コタツに入りながらゲームができちゃう「ゲーミングノートPC」。対象となる製品は、2014年下半期(7月~12月)に登場した新モデルとしている。2014年下半期の「ゲーミングノートPC」部門でゴールド賞に選んだのは、MSIの17型ゲーミングPC「GT72 2QE Dominator Pro」。上位モデルの2QE-411JPは、4コア/8スレッドのCore i7-4710HQ(2.5GHz/最大3.5GHz)やモバイル向けGPU最上位のGeForce GTX 980M(8GバイトGDDR5)を搭載するだけでなく、マウスやヘッドセット、オリジナルバッグまでパッケージングした豪華仕様で、ゲーマー垂ぜんの内容となっている。ゲーミングデスクトップPCにも肩を並べるその圧倒的な性能や、4台のSSD(RAID 0)による別次元の高速アクセス、高級感を増した金属製の外装、おなじみSteelSeries製イルミネーションキーボードと細部にいたるまでゲーマーを納得させる仕様は、PCゲーマー御用達のアキバPCパーツショップであるパソコンSHOPアークのノートPC販売担当者も絶賛するほど。

 価格は余裕の30万超えとオーナーを選んでしまう製品ではあるが、身近に裕福なサンタさんがいるならGT72 2QE Dominator Proをおねだりしてみてはいかがだろうか。 シルバー賞にはユニットコム系列のiiyama PCから13.3型ゲーミングノートPC「13GSX7100」シリーズを選出した。ポイントは、第4世代Core+GeForce GTX 860Mを組み合わせた、同カテゴリでは標準的なスペックに、3200×1800ピクセルという超高解像度パネルを採用しつつ、12万4980円(税別)というリーズナブルな価格を実現した点だ。

13GSX7100は13.3型/3200×1800ピクセルの高解像度表示が魅力。IPS方式のパネルを採用し、視野角も広い 液晶ディスプレイの高画素密度化が進む中、持ち運びも可能な13.3型クラスのゲーミングノートPCで安価な選択肢が登場したことは歓迎できる。対応タイトルやスペックとの兼ね合いからゲーミングという点での恩恵は少ないものの、ゲームだけでなく生産性アプリの使用も含むメインマシンにしたいというニーズにはぴったりだろう。もちろん、ベースはゲーミングノートPCなので性能は十分。幅広い用途で利用できるコスパモデルだ。

 マウスコンピューターの「NEXTGEAR-NOTE i610」シリーズは、フルHD表示に対応する15.6型液晶ディスプレイに、ミドルレンジの製品では一般的なGeForce GTX 860Mを搭載したゲーミングノートPCだ。先に紹介したゴールド、シルバーの上記2製品に比べると、“普通”過ぎて特に目を引く要素はないように思えるが、最大の特徴はその価格。今やフルHDのゲーミングノートPCが10万円を切っているのだ。(税別9万9800円)。 昨今PCゲーマーの裾野が広がっていることで「従来のようなヘビーユーザーでなくても、ノートでゲームを快適に楽しみたいという層はいるはず。そのため10万円というラインを切りたかった」とはG-Tune担当者の言。ゲーマーから好まれやすい凝ったギミックや、放熱設計に無理をさせるような薄型ボディなどはあえて使わず、コンサバティブな製品とすることで、非常に高いコストパフォーマンスを実現した点を評価した。

 コタツに入りながらだらだらゲームを楽しみたいけどゲーミングノートPCは高いから……とあきらめていた人は是非注目してほしい。ノートの総合満足度で1位となったパナソニックは、ビジネスで活用するモバイルノートとしての評価が高い。「本体の重さ/サイズ」「バッテリー駆動時間」ともに1位(図1、図2)。バッテリー駆動時間では2位と2ポイント以上の差をつけた。パナソニックのユーザーからは「堅牢性が高く、造りがガッチリしているし、携帯性にも優れている。キーボードも打ちやすい」(40代男性)と、モバイルノートとして総合的に満足という意見が多かった。 ここではグラフを掲載していないが、「堅牢性」に対するパナソニックの満足度は7.29。2位のメーカーと比べて3.5ポイント以上の圧倒的な差をつけている。バッテリー駆動時間が長いことを高評価の理由に挙げるユーザーも多い。

 ソニーは本体の重さ/サイズとバッテリー駆動時間でともに2位となり、モバイル機としての評価は高い。NECは重さ/サイズで3位。「13.3型液晶のパソコンとしては約800gと軽く携帯性に優れるが、重たい処理でもこなせる」(10代以下男性)と、軽量ノートの「LaVie Z」に対する意見がある。ただ、NECはバッテリー駆動時間では10位。NECへの不満の理由として「バッテリーの持ちが悪いこと」を挙げる声が多かった。デスクで幾何学パズルやストレスボール(手で握って潰せる柔らかいボール)をいじっているのは単なる退屈しのぎに見えるかもしれないが、よりすっきりした創造的な思考につながることもあるようだ。

 ある種の手の動きは認知機能に影響し、集中力を高めたり、新しい考え方を思いつかせたり、より迅速な習得につながったりすることが最近の複数の研究で明らかになった。ニューヨーク大学(NYU)大学院の研究者たちはデスクにあるいろいろな道具をいじることが、いかに仕事にある種の恩恵をもたらすかについて調査している。 この調査は、イライラすると感じたり、コンピューターを使った作業ばかりしている人々が、小学校だったら落ち着きがないとしかられたような行動によって、身体的な刺激を受けたり、ストレスを発散することができることを示した。しかし、格安とはいえ、新規に通信サービス(通信回線)を増やすのは、月々の通信料金の支払いが増えることにはかわりはない。

できれば、スマホ1台の通信契約で、2台目のタブレットやスマホを活用したいものだ。 その方法が、スマホに搭載されているテザリング機能の活用だ。一口にテザリングといっても、3つの方法があることをご存じだろうか。●テザリングは、スマホを通信機器に変える魔法
テザリング機能とは、スマホを通信中継機に変える機能だ。

この機能をオンにすることで、スマホを経由して、他のスマホやタブレット、パソコンなどをLTE通信に接続することができる。USBテザリングは手軽な方法だが、接続する側の機器とUSBケーブルで接続しなければならないという制限がある。

テザリングは、1つのスマホで複数のスマホやタブレット、ノートPCをインターネットに繋げられる便利な機能だ。
しかし、1台目のスマホの通信量で使うため、家庭や仕事場などのWi-Fiも活用して使い過ぎないようにしよう。A. 機能が付いている機種を手に入れれば、使えます
モバイルSuicaや楽天Edyなど、電子マネー(おサイフケータイ)の便利さは、一度使うと手放せないと感じる方が多いものです。 しかし、格安スマホ各社で販売されているスマホは、性能や機能を必要最低限に抑えているため、「おサイフケータイ」や、他にも「フルセグ・ワンセグ」といった機能は搭載されていません。
そこで、これらを格安スマホで利用したいという方は、ドコモ、あるいはauで販売されたスマホのうち、これらの機能が搭載されている機種を、格安スマホとして利用する必要があります。
中古端末を利用する 「おサイフケータイ」も「フルセグ・ワンセグ」も、機能が搭載されている端末であれば、基本的に格安スマホ会社でも問題なく利用できます。 ※ただし、格安スマホ会社に対応している機種かどうか、念のため確認するのをお忘れなく
中古端末を利用する際の注意点は、連載第9回のiPhoneの中古を購入する場合と同じです。

Les commentaires sont fermés.