Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

16/04/2015

Dell X0968 バッテリー

インターフェイスはmicroUSB×1、マイク×1、ヘッドホン・コンボジャック×1。microSDXC/microSDHC/microSDメモリーカードに対応したカードリーダーを装備。64GBモデル「T90CHI-64GS」のみ「Microsoft Office Home and Business 2013」がプリインストールされる。カラーはダークブルー。市場想定価格は、「T90CHI-64GS」が5万9800円、「T90CHI-32G」が4万5800円(いずれも税別)。パソコン(PC)やタブレットなどを扱うASUS JAPAN(エイスースジャパン、東京都千代田区)は、10.1型モバイルノートPC「ASUS TransBook(エイスース・トランスブック)T100TAL-B-3735」を、2015年2月20日に発売した。価格はオープンだが、市場想定価格は6万4800円(税別)。 タブレット端末としても使用できるキーボード脱着式ノートPC「TransBook」の新モデル。10.1型IPS液晶ディスプレイ(1366×768ドット)を搭載。OSは「Windows 8.1 with Bing」(32bit)をプリインストール。CPUは「Atom Z3735D」。メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB eMMC。インターフェイスはmicroHDMI×1、microUSB×1、microSDXC/microSDHC/microSDカードリーダー×1、マイク/ヘッドホン・コンボジャック×1を装備する。無線通信はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。

 この「ZERO」シリーズには、HZ550のほかに926グラムの「HZ750」(同20万円前後)「HZ650」(同18万円前後)の3種類があります。HZ550は液晶画面が180度開きますが=同(2)、HZ750、HZ650にいたっては画面が360度回転して、まるでタブレットのような外見になります。 HZ550の画面はタッチパネルではありませんが、13.3型ワイドと十分な広さ。本体のサイズは幅約32×奥行き21.7×厚さ1.69センチです。とても1キロを切るパソコンとは思えない大きさです。そのため、キーボードも通常サイズで打ちやすく、最新のCPU搭載で起動が速いのも特徴です。画面を開けばすぐに使えて、閉じればすぐにスリープします。外で使うのにはぴったりのパソコンですね。

 ひとつ難点を挙げるとすれば、バッテリーの稼働時間です。メーカー仕様では約5.9時間で、1日中外出する際には電池切れの不安があります。ACアダプターを持ち歩くことになりますが、アダプターが約192グラムなので、合計で971グラムとなり、926グラムのHZ750やHZ650よりも重くなります。Windowsのデスクトップ画面の右下にある電池の形をしたアイコン。ここにマウスのポインターを当てると、バッテリーの残り駆動時間や残容量が表示される(図1)。この数字は、どこまで当てになるものだろうか。

●今現在の消費電力から残り時間を割り出している図1 Windowsのデスクトップ画面右下に、残りのバッテリー駆動時間やバッテリー残量の%を知らせるインジケーターがある。残り駆動時間は現在のバッテリー使用量(消費電力)から割り出している。モードを切り替えたり、負荷の高いアプリを実行したりすると、この値は変わる バッテリーの中には回路が組み込まれており、バッテリーの満充電容量や現在の容量などの情報を保持している。これをOSに通達し、OSはこれらの情報を基に、残容量を表示し、残りのバッテリー駆動時間を計算している。  その計算式は右上の図の通りだ。バッテリー残量(%)は、現在のバッテリー残量(mWh)を、前回のフル充電容量(mWh)で割って、100を掛けたもの。これは、バッテリーから通達された値が正しければその通りとなる。

 一方、バッテリーの残り駆動時間は現在のバッテリー残量(mWh)を、現在のバッテリー使用量(mW)で割ったもの。つまり、現在どのくらい負荷が掛かっているかで大分変わってくる。こちらはそのときの負荷次第なので、あまり当てにしない方がよいだろう。以前に比べ、バッテリーの持ちが悪い――。そうした疑念を感じていたら、それはバッテリーが“へたっている”せいかもしれない。クリエイターをデスクから解放し、第2の場所でプロレベルの創作を可能にすることをめざしており、実際に使う人の意見を反映し、ユニークなスタンド機構やワイヤレスキーボード、なめらかなペン入力、Adobe RGBで95%をカバーした独自開発の液晶など、創作活動に適した実践的な機能が搭載されています。

主な仕様はディスプレイはアスペクト比3:2の12.3インチ(2560×1704ドット)液晶を搭載し、Intel Core i7や最大16GBメモリー、最大1TB SSD、USB 3.0×2、HDMI出力、Mini DisplayPort、Gigabit Ethernet、SDXCカードスロット(UHS-II対応)、音声入出力など。ワイヤレスキーボードも付属。この2つのVAIO Zに共通するのがハイパフォーマンスでありながら、小型・軽量という相反する性能の両立を実現していることで、高密度実装技術および放熱設計技術の結晶によって、コア技術を総称として「Z ENGINE」と名付けて、2機種に搭載しています。

 一方、価格は最安でも約十九万円。競合するタブレットなどに比べれば高価だ。しかも、現在のところ量販店などでは販売しておらず、ウェブ上のソニーの販売サイトでしか購入できない。 同社執行役員の花里隆志さん(45)は「使う人の生産性、創造性を発揮できるのはパソコン。究極の道具としてのパソコンを提供することが私たちの生きる道と考えた。使っていただくことでその良さに満足いただき、周りに広まることで、顧客層が広がっていくと考えている」と狙いと展望を説明。現在のところ、予想以上の売れ行きだという。

 VAIOの社員数は、ソニー時代から比べると、約千人から二百四十人にまで激減した。製造部門の塩原雅彦課長(46)は「社員一人一人が助け合わなければ会社が成り立たない。良い危機感を共有できている」と変化を強調。開発部門と製造部門が同じフロアにあることで、柔軟な話し合いができているとも説明する。

■2.使い道に合わせて選べる、多様なカスタマイズ

 “Critea VH-AD2”は、お客様一人ひとりのご利用目的に合わせ、柔軟にカスタマイズしてご購入いただけます。
大きなファイルもより軽快に扱うことができるよう、メモリを増やしたり、大容量データの受け渡しの際に重宝するブルーレイドライブへの変更、表計算ソフトのマクロ処理などの演算処理や、複数のアプリケーションを同時利用する機会が多い方に最適な上位CPUへの変更など、各部の仕様を柔軟にカスタマイズできる幅広いメニューをご用意しました。

 ソフトウェアについても、さまざまな脅威から大切なPCを保護するセキュリティソフト“マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月 製品版”を標準でインストール済み。
生体認証などさらに高機能・多機能な“マカフィー・リブセーフ”もお選びいただけます。 また、ビジネスに欠かせないオフィスソフトでは、最新のバージョンに常にアップデートされ、大容量クラウドストレージやスマートフォン版の利用など便利なサービスを1年間無料でご利用いただける“Microsoft Office(R) Premium プラス Office 365 サービス”のプレインストールもお選びいただけます。  そのほか、操作性、携帯性に優れたワイヤレスマウス、音声チャットに欠かせないヘッドセット、液晶ディスプレイやプロジェクターとの接続の際に必要になるHDMIケーブルなどの周辺機器やサプライ品も本体と同時にお買い求めいただけますので、届いたその日から“Critea VH-AD2”の性能と機動力をフルにご活用いただくことができます。

■3.OSも Windows 8.1、Windows 7の各バージョンを選択可能

 数々の新機能を備える最新OS Windows 8.1のほか、会社や学校のネットワークに接続する際に必須のドメイン参加や、情報漏洩のリスクを低減させることができる高度な暗号化機能など、ビジネスユース向けにさまざまな機能が強化されているWindows 8.1 Proもお選びいただけます。

 さらに、業務でご利用中のソフトウェアや周辺機器の動作環境による制約などで、Windows 7 をご希望の場合にも対応できるようWindows 7 Home Premium、Windows 7 Professionalもご用意しました。 最新ハードウェアがもたらす軽快な動作を、ビジネスでもプライベートでも存分に体験していただくことができます。2014年10月にIndiegogoに登場し話題を呼んだRaspberry Piノートパソコンプロジェクト「Pi-Top」に、「Version 3」が発表された。前バージョンでは射出成形していたボディパーツを3Dプリンタで製作するように変更し、30%薄くなったという。Pi-TopはRaspberry Piに筐体や液晶ディスプレイパネル、キーボード、バッテリなどを組み合わせて、自分で組み立てるノートパソコンのキットだ。ハードウェアに関する初心者でも簡単にPCを作り、その仕組みを学べるようになっている。組立てにかかる時間はほんの半日ほどで、はんだ付けの必要もない。約3万円(Raspberry Piは別途必要)という手頃な価格でノートパソコンが自作できるとIndiegogoで人気を呼び、最終的に17万ドル(約2000万円)以上を集めた。資金調達時に、5月の送付までに3Dプリンタで作る薄型ボディバーツを完成させるとしていたが、それがVersion 3ということのようだ。

ボディパーツのSTLファイルなども含め、オープンソースへと変更されたので、単にPCを組み立てるだけでなく、すみずみまで理解したり、自由にカスタマイズすることもできるようになった。なお、Indiegogoでの資金募集時には「Raspberry Pi Model B+」を利用していたが、「Raspberry Pi2 ModelB」発表に伴い、Pi2もサポートされた。現在、Webサイトで事前予約可能になっており、Raspberry Piを含まないキットで264.99ドル(約3万1000円)、Raspberry Pi2 Model Bとセットで299.99ドル(約3万5000円)となっている。タブレットの登場で、既存のノートPCだけでなく、Windowsタブレットが登場するなど、パソコンにも大きな変化が起きている。

今では、従来型のノートPC、2 in 1スタイルのノートPC、Windowsタブレットといった様々なモバイルパソコンが揃っている。 こうした用途の異なるパソコンたちに搭載されるCPUも、百花繚乱、多種多様になっている。 現在のCPUは、大きくわけて、3つに分類することができる。 グループに分けるとしたら「Atom/Celeron/Pentium」で1グループ、「Core i3/Core i5/Core i7」で1グループ、最後がCore Mということになる。

Les commentaires sont fermés.