Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

28/04/2015

Dell N855P バッテリー

「正直、こんなに長くかかるとは思いませんでした。技術的には当時でもできていましたから。ただ、HMDなどはデバイスとは別にノートパソコンを持たなくてはならず、装備もたいへんだった。今は小型で高性能。はるかに軽くなった」 新デバイスは日本が先導するはずだった2001年当時、教授は画期的なウェアラブルデバイスは日本企業から誕生すると考えていた。

「日本は1980年代、90年代、デジタルデバイスを積極的に開発していました。電子手帳やデジタルカメラなどがそう。ゲーム機もその範ちゅうに入るかもしれません。家電、コンピュータ業界全体に積極的に新しいものを作ろうという気運があった。しかし、ここ十数年、経済の停滞とともに新しいものを作らなくなった。『失敗しちゃいかん』という気持ちが先に立ち、ネガティブマインドがまん延してしまった。残念です」この間、チャレンジした日本企業もあったという。しかし長期的に成功する企業は現れなかった。  NECソリューションイノベータは、クラウドを利用した要約筆記による聴覚障害者向けの支援サービスの提供を開始した。

 要約筆記とは聴覚障害者への情報保障手段の1つで、発言者の話を要約して文字として伝えるもの。通常は現場に要約筆記の支援者を複数人派遣し、その場でノートやパソコンなどを利用して文字を書き起こしている。しかし、移動時間などがネックとなって支援者の確保が難しいこともあり、調整に苦慮しているのが現状だという。 こうした背景を踏まえ、同社ではクラウド上のサーバーを通じて遠隔地からの要約筆記を支援するシステムを開発した。クラウドの特性を活かして、支援者の柔軟な配置やスケジュール管理も可能とし、調整担当者の負担を低減できるとしている。2012年から吉備国際大学(岡山県高梁市)などの教育機関で実証実験を重ね、現場からのニーズに応えた機能強化を図り今回のサービス提供に至った。

 システムは、聴覚障害者がいる会場・教室の音声や映像と、遠隔地の支援者が入力する要約テキストをクラウドを通じて相互配信する。機能強化のポイントとして、支援者同士のリアルタイム情報共有、支援者配置の調整時間短縮、聴覚障害者と指定する支援者のみが参加できる依頼設定などがある。同社では今後3年間で、100団体への提供を目指す。Appleは本日、新しいMacBookをアナウンスした。いかにもAppleらしく、「全く新しい」スタイルが採用されている。充電、データのインプット、およびビデオ出力を、すべてひとつのUSB-Cポートで行うというスタイルだ。MacBookをACにつなぎながら、同時にiPhoneを充電したい場合にはどうすれば良いのだろう。もちろん対策は用意されている。Apple製の別売りアダプターを購入するのだ。

新しいMacBookのUSB-C用にさまざまなアクセサリーが用意されている。通常のUSBを使いたいのなら2200円のアダプターを購入する。Digital AV MultiportアダプターおよびVGA Multiportアダプターはいずれも9500円だ。MultiportアダプターにはUSBポートおよびUSB-Cポートも搭載されている。間違いのないように書いておこう。新MacBookでは、アダプターなしにiOSデバイスを充電することはできない。AppleがUSB-C Lightningケーブルをリリースする可能性もあるわけだが、今のところは2200円のアダプターを使う以外に選択肢はない。

Appleはしばしば、利用者の都合を無視する形で「未来」に突き進んでいくことがある。1998年にはiMac G3からフロッピードライブおよびシリアルポートを失くしてしまった。FirewireおよびCD-ROMドライブを捨て去ってしまったこともある。今自分がどんなタスクを抱えていて、優先順位はどうなっているのかを整理するのが大変な場合、その2つを補完できるアプリがあれば、随分と仕事が楽になるはずです。アプリに頼らずにやる場合は、タスクを思い出し、優先順位をつけ、卓上カレンダーに手書きでメモしたり、自分にメールを送ったり、手にペンで書いたりしましょう。仕事効率化アプリが合っていないのであれば、自分に合う別の方法をとればいいだけです。一番管理しやすく、モチベーションも維持できそうな方法を考えてみましょう。

シンプルなツールを選び、使い続けるシンプルなツールを選び、一度このやり方でいこうと決めたら、しばらく続けます。1つだけシンプルなタスク管理アプリを使い、それを使い続けていれば、かなり時間の節約ができます。最新の仕事効率化アプリが出たからと言って、毎回チェックする必要はありません。MakeUseOfのおすすめは『Todoist』や『Wunderlist』や『Any.do』などです。上級者向けの機能はありません。ただタスクを入力して使うだけです。また、違うタイプのアプリを使うのもお勧めです。たとえば、メモを取ったり、リストを作ったり、リマインダーを書いたりするのが好きな人は、いつも使っているメモアプリをデスクトップに開いて、テキストファイルに書くのもアリです。『Evernote』のようなものを使わなくても、プレーンなテキストファイルでもいいです。Appleの『メモ』やGoogle Keepは、どちらもこのような使い方に適しています。他のデバイスと同期するのも簡単です。

SiriやGoogle Nowもタスク管理に使えます。スマホを手に取り、プログラムに向かって話すと、リマインダーやGoogle Keepに表示されます。アプリではなく「IFTTT」を使うこともできます。大変そうだと思うかもしれませんが、一度設定してしまえば、あとはただ「Siri、家に帰る時に牛乳を買ってくるのを忘れないよう思い出させて」と言うだけです。もちろん、一番シンプルなのは紙とペンです。モレスキンのノートを常にバッグに忍ばせたり、大きめのノートをデスクに置いておいたり、ポストイットを使ってデスクやパソコンに貼ってもいいでしょう。

毎日ほんの数行しか書かなかったとしても、紙とペンは偉大だと思います。書きながらインスピレーションが得られるという、スマホやパソコンへの入力では得られない副産物もあります。生産性向上アプリの数が多過ぎて迷っている場合は、自分に合ったものを1つだけ選びましょう。最新のアプリや、もっと複雑なGTD(しなければならないことを収集、整理し、その中から重要なものを選びだすメソッド)のようなシステムに切り替えた方がいいのかと、心配する必要はありません。それが不可欠な人もいますが、万人に必要なものではありません。ルーティンワークに磨きをかける自分には複雑なアプリは必要ないと決めたら、ルーティンワークに磨きをかけましょう。生産性向上アプリの一番いいところは、毎朝、昼食後、仕事が終わる前にToDoリストをチェックする、というようなルーティンを作ってくれるところでもあります。

  (ブルームバーグ):米アップルは9日、従来モデルよりさらに薄型・軽量化したノート型パソコン(PC)「MacBook(マックブック)」の最新モデルを発表した。 
発表資料によれば、12インチ・ディスプレーを搭載する新モデルの重量は2ポンド(約900グラム)、厚さは13.1ミリ。
ティム・クック最高経営責任者(CEO)はサンフランシスコで開催したイベントで、「われわれは技術革新を続け、今後も業界をリードしていく」とした上で、「ポータビリティの定義は『iPhone(アイフォーン)』と『iPad(アイパッド)』によって一変した。われわれはマックブックをつくり変えることに挑んだ」と語った。

故スティーブ・ジョブズ氏が2008年に公表した「マックブック・エア」は薄型ノートPCの新たな業界標準を打ち立てたが、その後、各社がこの分野に新製品を投入。エアはサムスン電子の「シリーズ9」やレノボ・グループの「YOGA」などと競争を繰り広げている。 クックCEOはパソコン「Mac(マッキントッシュ)」シリーズの販売の伸びが他社を上回っていると述べた。昨年、Macの販売が20%増加したのに対し、業界全体では販売が減少した。 アップルのマーケティング責任者、フィル・シラー氏は新マックブックが備える新機能を説明。キーボードの構造やロジックボード、タッチパッド、バッテリーの形状などを変更したと述べた。 新型マックブックはゴールド、シルバー、グレーの3色。価格は1299ドル(約15万8000円)からで、4月10日に発売。三つのモデルがあり、それぞれに大小二つの画面の大きさがある。最も安いモデルの「スポーツ」が4万2800円(税別)からで、最も高いモデルの「エディション」は128万円(同)から。ベルトは交換することができる。一番軽い「スポーツ」モデルのベルト抜きの重さは25グラム。 歩数や心拍数など健康管理の機能のほか、電話やメールもできる。音声認識の機能を使っての文字入力や、返事を録音して送信することも可能だ。

 決済システムの「アップルペイ」(日本では未導入)を使い、時計をかざすだけでのクレジットカードの支払いや、ホテルの部屋の鍵を開けたり、飛行機のチケットを表示させたりもできる。 さらに、フェイスブックやツイッターなどの通知や投稿を見たり、タクシー配車サービス「ウーバー」でタクシーを呼んだりすることも可能。アプリが増えるにつれて利用方法は広がる見込み。懸案とみられていた電池の持ち時間は18時間だ。これまでのところアップルウオッチの主なセールスポイントは、手首上でスマートフォンよりも気軽に素早く情報が表示される点にあるようだ。大きな荷物を抱え、空港で電子式搭乗券を提示できたらどんなに良いかと思っている人なら、そう考えるかもしれない。アップルウオッチのセンサーの助けを借りた健康関連アプリも人気になる可能性がある。しかしアップルは、同社全体で昨年1830億ドルを記録した売上高をアップルウオッチでさらに上積みするには、スマホの「iPhone(アイフォーン)」の飾りがついたリモートコントローラー、という以外の要素が必要になる。

Les commentaires sont fermés.