Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

19/08/2015

Dell Latitude E5500 バッテリー

バッテリーパックの発火事故といえば,家電製品ではソニー製バッテリーパックを搭載したノートパソコンやスマートフォン用などのリチウムイオン電池を使った携帯型充電器が突然発火するトラブルが多発しているが、今回のような電動アシスト自転車の発火事故は珍しい。8月5日にデスクトップ向けCore i7とi5の最上位版が発売されるインテルの新CPU、Skylakeこと第六世代Core iシリーズ。この時期の発売となることはインテルから予告されていたものの、特徴や性能などに関しての情報は(今回は)かなり少なく、この数週間でやっと集まってきた状態です。本記事では、現在わかっている情報をまとめます。Dell Precision M4300 バッテリー

全般的な特徴は、(今回も)性能向上と消費電力の低減を推し進めた点。半導体回路の性能や生産性に影響する製造プロセスルールは14nmと第五世代と同じですが、回路設計テクニックの進歩など、地道な改良で性能を向上しています。
まず発表スケジュールに関してですが、現行世代のBroadwell、つまりCore Mと第五世代Core iシリーズのスローペースを覆す速度となる模様。

8月5日のデスクトップ版発売(下記記事を参照ください)を皮切りにして、10月までには高速ノートPC向けのSkylake-HとノートPC向けのSkylake-U、薄型ノートと高速Windowsタブレット向けのSkylake-Y、そしてデスクトップ向けSkylake-Sの追加モデルが発表され、全ラインナップが出そろう予定です。Dell Vostro 1700 バッテリー

インテルの新CPU『Skylake』こと第六世代Core i は8月5日発売、複数の販売店が予告dynabook Satellite B75/Rでは、プロセッサにBroadwell-UのvPro搭載モデルを用意。また、BTOオプションで新たに指紋センサーの選択が可能となった。

主な仕様(BTOオプションを含む)は、CPUがIntel Core i7-5600U vPro(2.60GHz)/Intel Core i5-5300U vPro(2.3GHz)、メモリがPC3L-12800 4GB(4GB×1)/8GB(4GB×2)、ストレージが500GB HDD/128GB SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)、光学ドライブがDVD-ROMドライブ/DVDスーパーマルチドライブなど。Dell Vostro 1310 バッテリー

ディスプレイは15.6型(解像度1,366×768ドット/1,920×1,080ドット)。OSはWindows 8.1 Pro Update 64bit/Windows 7 Professional SP1 64bit。

主なインタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI×1、D-Sub×1など。バッテリ駆動時間はHD液晶時で約9時間、フルHD液晶時で約7時間。本体サイズはW379.0×D257.9×H16.9~23.9mm、重量は2.4kg。OfficeはOffice Personal 2013もしくはOffice Home and Business 2013。dynabook Satellite B65/Rでは、CPUのBTOオプションで低消費電力CPUの種類を拡大。また、フルHD液晶の選択が可能となった。Dell Latitude E5500 バッテリー

ただし一方で、この時期であればそろそろ情報が出てきそうな搭載ノートPCの情報が非常に少なく、第一陣は年末までに出そう、というおおまかな話しか出てきません。

PCメーカー側にとっても、Broadwellの登場からあまりにも速い点、またマザーボードの流用が効かず、主力メモリもDDR4へと世代交代する(対応メモリはDDR3LとDDR4となります)ため、設計を大きく変えないとダメという点などから、世代交代のペースをあまり速くしないところも出てくる模様です。Dell Latitude E5510 バッテリー

「もう一つのPC販売の目安」となるマイクロソフトのWindows 10展開も、プリインストールPCの販促は、年末を主力としてそれまでじわじわと盛り上げていくと発言していることから、大手メーカー製のSkylake+Win 10搭載PCがある程度見えてくるのは年末商戦となる11月、と見ておくのがよさそうです。
国内外の噂系サイトで、7月26日から8月1日までに出回った内容をまとめました。ここ最近は、iPhone 6sシリーズの組み立てが最盛期を迎えているようで、部品や試作機の流出が増えてきました。一部で感圧タッチパネルは搭載されないという噂もありますが、そのほかの噂を勘案すると搭載は確実でしょうね。組み立てを請け負う台湾フォックスコン社では10万人規模でスタッフを募集していており、月収は7万円超になるそうです。中国では上海や北京並みの平均月収です。18歳から働けます。

 4インチの新型iPhoneとして期待されているiPhone 6cですが、これまでの噂どおり6sシリーズとは別に3月に発売されるようです。現在、世界で売れまくっているiPhone 6シリーズの後継である6sシリーズが9月に出荷されるので、それに併せて廉価版を出してしまうと、パイの食い合いになることを避けるためですね。でも、いっそのこと6cを性能の低い廉価版ではなく、高い性能を誇るコンパクト機として高価格で出したほうがいいんじゃないでしょうか。小型高性能はいかにも日本人が好きそうなスペックですし。

中国M.I.C Gadgetによると、iPhone 6sシリーズには感圧タッチパネルは採用されないそうです。新色ピンクについても見送られるそうです。iPhoneの組み立てを請け負っている台湾フォックスコン社の従業員のリークだそうです。いまさら何言ってんの?という感じですが、果たしてどうなることやら。DELL XPS 15 バッテリー

また、Wi-Fiと同時に接続して通信速度を高速化する「デュアルスピードモード」や、接続の安定しないWi-Fiエリアで、自動でモバイル回線に接続を切り替える「スムーズチェンジモード」を備えており、Wi-Fiの細かな使い勝手が改善されている。バッテリーが長持ちするのも歴代のAQUOS PADシリーズの大きな特徴だ。しかし、このSH-05Gにはひとつ気がかりなことがある。本機が採用するオクタコアCPUのSnapdragon 810は、今シーズンの多くの高性能スマートフォンに採用されているが、そのほとんどが発熱やバッテリーの持続性に問題を抱えている。実際、Snapdragon 810を搭載するスマートフォンは、価格.comのユーザーレビューの評価項目“バッテリー”の点数や項目別ランキングを見ても全般的に低めである。Dell Inspiron 1525 バッテリー
本機は、電力消費を抑えたIGZO液晶や3900mAhの大容量バッテリー、シャープ独自の節電アプリ「エコ技」など、数々の省エネ技術を搭載しているが、NTTドコモ独自の指標である「実使用時間」が89.3時間にとどまっている。この数値は、前モデルのSH-06Fの117.0時間と比べると30時間ほど少ない。価格.comのユーザーレビューに寄せられる意見をピックアップしても、前機種と比較してバッテリーの持続性が少々劣ると感じているユーザーが目立つ。今回検証した実機の印象も、そうしたレビューの感想やスペック値と共通している。前モデルまでの、使ってもあまりバッテリーが減らない&待ち受け状態のバッテリー消費はかなり少ないというものとは少々異なり、使えば使っただけ減るし、待ち受け状態でもそれなりのペースでバッテリーは消費されてゆく。特に、ずば抜けたバッテリー性能を誇っていた前モデルから買い替えると、この点で不満を感じやすいかもしれない。DELL XPS 17 バッテリー

多機能と小型化するサイズで、数年先のスマホを先取りした製品
AQUOS PADシリーズは、小型、軽量、多機能、バッテリーも長持ちというコンセプトが一貫しており、「画面サイズが7インチくらいのタブレットの中で何かよい物を選びたい」という場合なら、その選択肢の筆頭にあがるようなシリーズだ。最新モデルであるSH-05Gも、PREMIUM 4 GやVoLTEまで対応する音声通話機能、おサイフケータイ用のFeliCaポート、ワンセグチューナーまで備えており、7インチクラスのタブレットと、スマートフォンという2個の製品ジャンルが融合しつつある姿を、先取りした魅力的な一台である。Dell Inspiron 1526 バッテリー
シリーズの特徴だったバッテリーの持続性については、前モデルと比較すると少々物足りない面があったが、これは最新の高性能スマートフォンやタブレットに広く見られる問題であり、本機だけを批判するのは少々酷かもしれない。むしろ、それらの最新モデルの中では、本機のバッテリー性能はよい部類に属する。

もう1点気になった点としては、カメラの性能が挙げられる。今までのタブレットは、ボディが大きいこともあり、製品ジャンル全体としてカメラ機能はあまり重視されていなかった。しかし、本機は、サイズはもちろん機能面でも限りなくスマートフォンに近い存在だ。そのいっぽうで、本機の兄弟モデルに当たるスマートフォン「AQUOS ZETA SH-03G」では、秒間2100枚のスーパースロー撮影や、老舗の光学メーカーであるリコーによる画質改善認証プログラム「GR certified」をクリアしたレンズや画像処理エンジンを搭載するなどして、その魅力を高めている。それと本機を比べると少々見劣りを感じてしまう。これ以上小型&軽量化が進むと、最新スマホ並みのカメラ性能が欲しくなるのが正直なところだ。Windows 10を母艦でレビューすると何がいいって、どこにも逃げ隠れできないこと。何かあったら自分でその場で直さなきゃダメで、「ありゃま…直るまで別の使おうっとー」とは言えません。ただ困るのは、直しても直らないとき!Dell XPS M1730 バッテリー

主なインタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1(IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0が選択可能)、USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI×1、D-Sub×1など。バッテリ駆動時間はHD液晶時で約9時間、フルHD液晶時で約7時間。本体サイズはW379.0×D257.9×H16.9~23.9mm、重量は2.4kg。OfficeはOffice Personal 2013もしくはOffice Home and Business 2013。日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月8日、2015年夏モデルを発表した。その中で、Braswellを搭載し液晶が360度回転する11.6型ノートPC「Pavilion 11-k000 x360」が編集部から送られて来たので、試用レポートをお届けしたい。Dell XPS M1530 バッテリー

BraswellなCeleronを搭載
少し前にBraswellなCeleron N3150を搭載したマザーボードASRock「N3150B-ITX」をご紹介したが、ノートPCとしては初なので、改めてBraswellについて簡単に説明したい。Dell Latitude D510 バッテリー

Les commentaires sont fermés.