Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

28/08/2015

Hp Mini 210 バッテリー

プロセッサの出荷時期は秋以降。これを搭載したMacBook Proとか、登場するのかな…? 期待しましょう。東芝は2015年8月6日、Windows 10 Proを搭載した法人向けパソコンを発表した。新機種として10.1型タブレット「dynabook Tab S60」(写真1)を9月下旬に発売する。さらに、既存のノートパソコン7機種でWindows 10 Pro搭載モデルを8月21日から順次販売開始する。

 winsat formalの結果は、総合 3.9(4.8)。プロセッサ 4.9(6.5)、メモリ 5.9(5.9)、グラフィックス 3.9(5.2)、ゲーム用グラフィックス 4.3(4.8)、プライマリハードディスク 5.9(7.45)。ただし64bit版の場合、搭載メモリの関係からスコアが制限され最大5.9となっている(Celeron N3150も同様)。winsatで生成されるXMLのメモリBandwidthは、6685.68026(10943.10734)MB/sだった。

 PCMark 8 バージョン2のHomeは1137(1468)。CrystalMarkは、ALU 14423(27304)、FPU 12168(23672)、MEM 15599(26836)、HDD 16112(24740)、GDI 4086(5124)、D2D 3131(3771)、OGL 3243(3885)。参考までにGoogle Octane 2.0は3,785(4,024)。

 同じBraswellなCeleronでも、2コアか4コアでかなりの差が出ている。またメモリは4GB×1でシングルなのだろうか。2GB×2の4GB構成になっているCeleron N3150と比較して半分近い値だ。

 PCMark 8 バージョン2のHome/詳細では、プロセッサの温度が取れていない。クロックも定格の1.6GHz固定になっているが、タスクマネージャでは最大2.16GHzまで振れているので、単にどちらも値が取れていないと思われる。

 BBenchは、省電力、バックライト最小、キーストローク出力/オン、Web巡回/オン、Wi-Fi/オン、Bluetooth/オンでの結果は、バッテリの残7%で22,323秒/6.2時間。ほぼ仕様通りとなった。以上のようにPavilion 11-k000 x360は、BraswellのCeleronを採用し、液晶パネルが360度回転する11.6型のノートPCだ。メモリ4GBでSSHD 500GBと言うこともあり、結構サクサク作動する。サウンドもクオリティが高く、仕様の範囲内では特に気になる部分もない。

 価格的に少し高めな気がしないでもないが、Braswell/ファンレスでお洒落なノートPCを探しているユーザーにお勧めの1台と言えるだろう。

菅原 「私は法人営業の担当で、企画のほかに営業支援やプリセールスもやっているんですが、そんな中で広島に営業に行って企業を訪問する機会があったんです。その際に、プラスチック用品を作っている業者に行くと、マツダスタジアムで販売する、カープのマークがついたビール用のコップを作っていたり、カープのスポンサーだったりと地域に根差した企業が多いことを改めて実感しました。社長さんと話をしてもカープが共通の話題だったりしますしね。HP Envy 14 バッテリー

 現在パソコンのトレンドは、秋葉原や日本橋からの発信が当たり前になっていますが、コンテンツとしては地方から発信できるものがあるなと思ったんです。また、パソコン工房は地域密着型の店舗で、広島の店舗は1997年オープンと店舗の中でも最古参なんです。そんな広島の店舗を地域に根ざしたお店としてPRをしたいなという気持ちがありました。

 2年ほど前にくまモンのノートパソコンを作ったことがあり、その時の経験を活かして広島でも地方発のコンテンツでパソコントレンドができるのではないかと思い、企画しました。また、営業に行った時期にちょうど土砂災害があり、自分の故郷に対する思いもあって、広島に関する仕事がしたいなと考えるようになったというのもあります」HP Compaq 2230s バッテリー

── 広島東洋カープ承認とありますが、実際に球団の方と話をされたのですか?菅原 「はい。もともと弊社のサービスに関して球団事務所の方と会う機会があったんです。その方に窓口とつないでもらいました」── 球団事務所の方に初めて企画を話した時の反応はどうでした?HP EliteBook 8760w バッテリー

7月に公開した動画はなかなかのできばえ。とてもおしゃれだ。

続いて8月に入っても新たな動画を2つ披露。今度は手作り感あふれる内容だが、WalkCarが実用になりそうな雰囲気をうまく伝えている。[ロンドン 6日 ロイター] - 英情報通信庁が6日発表した調査結果によると、英国人はノートブック型パソコンよりスマートフォン(スマホ)を使用したネット閲覧を好むことがわかった。スマホ保有や超高速ブロードバンド通信の契約急増が主因だという。

ネットの閲覧、ソーシャルメディア(SNS)へのアクセス、オンラインショップでの買い物に、まず最初にスマホに手が伸びると回答した人は約33%だったのに対し、ノート型PCを開くと答えた人は30%。昨年の調査では、スマホ派が22%、ノート型PC派が40%だった。Hp Mini 210 バッテリー

スマホに費やす時間はPCより長く、1日の平均使用時間は1時間54分。また、スマホ派の3分の1は、起床後5分以内にスマホを利用することも示された。

 BraswellはBay Trail-Mの後継で(対してBay Trail-Tの後継はCherry Trail)、Intelのサイトによると現在、Celeron N3000、Celeron N3050、Celeron N3150、Pentium N3700と、4種類ある。コア数はN3000/N3050が2つ、N3150/N3700が4つ。クロックは順に最大2.08/2.16/2.08/2.40GHz。N3000とN3150は最大クロックが同じ2.08GHzだがコア数が違うわけだ。

 CPUに関してはBay Trail-Mと比較してコア数とクロック数はSKUによって凹凸があり一長一短。しかし、対応メモリがDDR3L-1333(一部1066)かDDR3L-1600の違いがあるため、同コア数同クロック数であればBraswellの方が優位となる。

 一方内包するGPUは、同じIntel HD Graphicsでも、EU数はCeleronが12、Pentiumが16と増え、H.265の4K/30fpsのデコード、H.264の4Kエンコード、3画面同時出力対応など、大幅に拡張され、Bay Trail-Mとは比較にならないほどパワーアップしている。プロセッサは、Celeron N3050。2コア2スレッドで、クロックは1.6GHzから最大2.16GHz。キャッシュは2MB、TDP/SDPは6W/4Wとなる。ファンレスなのも見逃せないポイントだ。メモリは4GB/DDR3L-1600。ストレージはSSHDで500GBを搭載している。OSは64bit版のWindoows 8.1 Update。

 グラフィックスはプロセッサ内蔵、Intel HD Graphics。外部出力用としてHDMIを備えている。液晶ディスプレイは、光沢ありの11.6型1,366×768ドット。10点タッチ対応だ。

 インターフェイスは、Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、USB 3.0×2、USB 2.0、SDカードスロット、音声入出力、92万画素Webカメラ。有線LANがGbEでないのは残念であるが、IEEE 802.11acに対応している上、必要であればUSB 3.0で拡張可能。目くじら立てるほどでも無い。USBの電源オフ時の給電には対応してないようだ。

 本体サイズは306×208×21.5~23mm(幅×奥行き×高さ)、重量約1.46kg。このクラスとしては標準的だろう。2セルのバッテリを内蔵し、バッテリ駆動時間は最大6時間15分。カラーバリエーションはサンセットレッドとミンティグリーンの2色用意されている。

 本機最大の特徴は、パネルが360度回転し、クラムシェルモード、スタンドモード、テントモード、タブレットモードと、4つのモードに変身できること。前回のレノボ「Lenovo FLEX 3」も同タイプだったが、流行っているのだろうか。

 店頭予想価格は7万円前後。「Lenovo FLEX 3」がBay Trail-M/2GB/HDD 500GBで約5.5万円(ただしクーポンを適応するとさらに安くなる)。Braswell/4GB/SSHD 500GBでこの価格差は少し高いように思えてしまうのがやや残念である。筐体はパステルカラーのグリーンで覆われ、キーボードとパームレスト部分のみブラック。あまり見かけない組合せだが、これはこれでなかなか可愛いくお洒落。サンセットレッドも気になるところ。持った時の印象は軽くもなく重くもなく、見た目とのバランスが一致しているようだ。

 フロントは液晶パネル中央上に92万画素Webカメラ。ただパネルのフチが少し太めで、この点だけ個人的には残念。左側面に電源ボタン、ロックポート、USB 2.0、SDカードスロット、音量±ボタン、HDDアクセスLED。右側面に電源入力、Ethernet、USB 3.0×2、Windowsボタン、音声入出力を配置。裏は手前左右にスピーカー用のスリットがある。付属のACアダプタはサイズ約9.5×4×2.5cm(突起物、ケーブル含まず)、重量189g。

 光沢ありの11.6型液晶パネルは、IPS式でないため、視野角は広くない。明るさや発色、コントラストは、前回の「Lenovo FLEX 3」と同程度だろうか(若干彩度が高め)。価格的にもうワンランク上のパネルが欲しいところか。10点タッチに関しては問題無く操作できる。これでもうヘビー級タワー型PCやサーバーラックの前にかじりつかなくても、ラップトップで高度な3Dレンダリングや計算処理がこなせるわけです。またECCメモリや遠隔管理の他にも、Thunderbolt 3なんてモダンな拡張機能にも対応。圧倒的なプロセッサパワーを楽しみながら、かる~く4Kディスプレイを2枚駆動するなんて離れ業も可能です。

Les commentaires sont fermés.