Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

30/11/2015

Dell Vostro 1015 バッテリー

このほか、インターフェイスは、USB 2.0×2、microHDMI×1、microSDXCメモリーカードスロット×1、マイク/ヘッドホン・コンボジャック×1を装備。本体サイズは262.8(幅)×15.6(高さ)×182.4(奥行)mm。重量は約890g。ボディカラーはシルバー。
価格は、個人向けモデルが39,800円(税別、市場想定価格)、法人向けモデル「C100PA-FS0002」がオープン。
マウスやタッチパッドがPCを操作する上で優れたデバイスであることに疑いの余地はない。でもこれらは必然的に“接地できる場所”でなければ使えない代物だ。

「QSF980HGS」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-6700HQ(2.6GHz)、チップセットがIntel HM170、メモリがPC4-17000 16GB(8GB×2)、ストレージが250GB M.2 SSD(SATA接続) + 1TB SATA2 HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 980 8GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、ディスプレイが17.3型フルHD(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、USB 3.1×1(Type-C)、USB 3.0×6、HDMI×1、MiniDisplayPort×1、GigabitEthernet(Killer E2400)、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN + Bluetooth 4.0(Intel Wireless-AC 7260)、Webカメラ、SDカードリーダ、マイク入力×1、ヘッドホン出力×1、ライン入力×1、ライン出力×1など。

ソフトバンクは、スマートフォンの2015-16年冬春モデルとして「Nexus 6P」(ファーウェイ製)を発表。10月9日より予約を受け付け、10月下旬より発売する。なお、国内の携帯電話事業者として、同社が唯一「Nexus 6P」を取り扱うとのことだ。
ディスプレイに約5.7型WQHD有機EL(2560×1440ドット)を装備したモデル。ボディにアルマイト素材を採用し、ダイヤモンドカットを施して高級感を演出する。背面には指紋センサーを搭載した。カメラ機能では、レーザーオートフォーカスに対応したメインカメラに有効約1230万画素CMOSセンサーを、サブカメラには約800万画素のCMOSセンサーを備えている。

主な仕様は、プロセッサーがオクタコア「MSM8994(2.0GHz×4+1.5GHz×4)」、メモリーが3GB、ストレージが32GB(アルミニウム、グラファイト)または64GB(グラファイト、フロスト、ゴールド)。無線通信はIEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。OSは「Android 6.0」をプリインストールする。
このほか、新サービス「Google Play Music」をはじめ、検索やマップ、Chrome、YouTube、GmailなどのGoogleアプリをプリインストール。3450mAhバッテリーを内蔵し、連続通話時間が約1380分(W-CDMA)/約1200分(GSM網)/約1200分(FDD-LTE網)、連続待受時間が約500時間(W-CDMA)/約450時間(GSM網)/約400時間(FDD-LTE網)/約440時間(AXGP網)。

本体サイズは77.8(幅)×159.3(高さ)×7.3(奥行)mm、重量は約178g。ボディカラーは、アルミニウム、グラファイト、フロスト、ゴールドの4色を用意した。 NECパーソナルコンピュータは、ノートPC「LAVIE Note Standardシリーズ」として、「NS850/CAB」「NS750/CA」「NS700/CA」「NS550/CA」「NS350/CA」「NS150/CA」「NS100」の7機種8モデルを9月17日から順次発売する。いずれも、OSはWindows 10 Home 64ビットを採用している。価格はいずれもオープン。
「NS850/CAB」と「NS750/CA」は、新たにウーファーを備えたヤマハの2.1chサウンドシステムを採用した。「YST(ヤマハアクティブサーボテクノロジー)」方式やバイオリンの音響構造をヒントにした「サウンドポスト」、不要な響きを軽減する「ハニカムウォール」によって、薄型ウーファーながらパワフルな低音再生を可能にした。ウーファー搭載ながら薄型・スタイリッシュなデザインを実現している。

 CPUにインテルCore i7-6500Uを採用し、8GBのメモリ、1TBのSSHD、BD(ブルーレイ)ディスクドライブ、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載している。インターフェースは、USB3.0×3、USB2.0×1、HDMI出力×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDXC/SDHC/SDカードリーダーなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。サイズは幅382.0×高さ26.2×奥行き270.0mmで、重さは約2.7kg。

 「NS850/CAB」は、タッチパネル対応15.6インチワイドIGZO液晶ディスプレイ(解像度3840×2160)を搭載し、NFC(近距離無線通信)機能を備えている。顔認証でWindows 10にログインできる「Windows Hello」が使える。バッテリ駆動時間は約4時間。9月24日に発売する。税別の実勢価格は23万9800円前後の見込み。
「NS750/CA」は、タッチパネル対応15.6インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を搭載する。バッテリ駆動時間は約4.3時間。カラーは、クリスタルブラック、クリスタルレッド、クリスタルゴールド、クリスタルホワイトの4色。9月24日に発売するが、税別の実勢価格は21万4800円前後の見込み。
「NS700/CA」「NS550/CA」「NS350/CA」は、デザインを一新し、2015年夏モデルと比較して、より薄くスタイリッシュなデザインを採用したほか、ヤマハ製「AudioEngine」やワンタッチスタートボタンを備える。

 株式会社サードウェーブデジノス (代表取締役社長: 尾崎健介、本社: 東京都千代田区) は、14nmプロセスで製造された最新の第6世代 インテル(R) Core(TM) i7 プロセッサー「Skylake-H」とモバイル向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX(TM) 960M」を搭載したゲーミングノートパソコン2機種を全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイト(運営会社:株式会社ドスパラ)にて販売開始いたしました。今回発表した17.3インチゲーミングノートパソコン「GALLERIA QSF960HG」と15.6インチゲーミングノートパソコン「GALLERIA QSF960HE」の発売を記念し、両モデルとも、お買い上げのお客様にもれなくSSD 120GBをプレゼントしております。
最新14nmプロセスで製造され、前世代Core i7プロセッサーが誇る卓越した演算処理能力に磨きをかけた第6世代 インテル Core i7プロセッサー モバイル製品「Skylake-H」を搭載しました。

定格2.6GHz、ターボブースト時最大3.5GHz動作が可能な4つの物理コア + インテル ハイパースレッディング・テクノロジーがもたらす処理速度とマルチタスク性能により、高いCPU性能を要求する最新3Dゲームも、快適にお楽しみいただくことができます。
また、メインメモリにも、従来のDDR3にくらべてより高速な転送が可能な次世代のDDR4メモリを採用。
最新3Dゲームの膨大なマップデータやテクスチャーデータなどもスムーズに転送し軽快に処理します。
さらに、CPU、メモリともに前世代よりもさらに省電力に進化したことで、バッテリー駆動時はもちろん、自宅やオフィスでの利用時にも排熱量を少なく抑えることができます。

■最新「Maxwell(TM)」コア採用のモバイル向けグラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 960M」搭載

 そのほかのスペックは夏モデルをほぼ引き継ぐ。OSは64ビット版Windows 10 Homeをプリインストールする。実売予想価格は順に18万円前後、16万円前後で、11月下旬に発売する。

 なお、13.3型モバイルPC「dynabook KIRA L93/V83/V73/V63」シリーズは、いずれもWindows 10 Homeの採用とデュアルマイクの内蔵以外は夏モデルのスペックをほぼ踏襲するマイナーチェンジとなっている。

Les commentaires sont fermés.