Blogs Lalibre.be
Lalibre.be | Créer un Blog | Avertir le modérateur

14/12/2015

Sony VGP-BPS2C/S/E バッテリー

 ただし、過去にも書いたとおり4K解像度にはフルHDのウインドウを一挙に4枚開けるという利点がある。Windowsは従来からマルチタスクだが、重なっているウインドウを交互に前に持ってきて表示していたのでは、情報量の点ではシングルタスクと変わりない。PCの使い方は人それぞれだが、情報を扱う仕事/作業を行なうのであれば、4Kという解像度は実に絶妙な情報量、そして生産性の向上をもたらしてくれる。

 と言うことで、今回の快適度は「2KAITEKI」としたい。 今回はフォントサイズの変更をお勧めしているが、スケーリング運用時の使用感についても気になるところだろう。これについては、次回詳しく述べることにする。

 レノボ・ジャパンは2015年10月27日、利用シーンに応じて四つのモードに変形するマルチモード対応タブレット「YOGA Tab 3」シリーズ3モデルと、マルチモード対応モバイルノートパソコン「Lenovo YOGA 300/900」を11月上旬から順次発売すると発表した。価格はオープン。

 YOGA Tab 3シリーズは、独自の自立する形状を採用したタブレット(写真)。スタンド部を回転させることで「ホールドモード」「スタンドモード」「チルトモード」「ハングモード」の4つのスタイルで使うことができる。OSはAndroid 5.1。

 「YOGA Tab 3 Pro 10」は、最大70型の映像を投影できるプロジェクター機能と、ドルビーアトモス対応の四つのJBLスピーカーを内蔵した。10.1型WQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶とインテルAtom x5-Z8500プロセッサー、32GBフラッシュメモリーを搭載する。バッテリー駆動時間は約18時間。本体寸法は幅247×奥行き179×高さ4.68mm、重さは約665g。予想実勢価格は、無線LANモデルが6万5800円前後、LTEモデルが7万800円前後。

 「YOGA Tab 3 8」は、8型HD(1280×800ドット)IPS液晶パネルとクアルコムAPQ8009(無線LANモデル)/MSM8909(LTEモデル)プロセッサー、16GBフラッシュメモリーを搭載。バッテリー駆動時間は約20時間。本体寸法は幅210×奥行き146×高さ7.0mm,重さは約466g(無線LANモデル)、約472g(LTEモデル)。予想実勢価格は、無線LANモデルが2万3800円前後、LTEモデルが2万8800円前後。

 「YOGA Tab 3 10」は、10型HD IPS液晶パネルとクアルコムAPQ8009(無線LANモデル)/MSM8909(LTEモデル)プロセッサー、16GBフラッシュメモリーを搭載。バッテリー駆動時間は約18時間。本体寸法は幅253×奥行き185×高さ9.5mm、重さは約655g(無線LANモデル)、約665g(LTEモデル)。予想実勢価格は、無線LANモデルが2万6800円前後、LTEモデルが3万1800円前後。

 「Lenovo YOGA 900」は、360度回転する液晶で「ノートブックモード」「スタンドモード」「テントモード」「タブレットモード」の四つのモードに変形する。13.3型QHD(3200×1800ドット)IPS液晶と第6世代Core i5-6200U/i7-6500Uプロセッサーを搭載。バッテリー駆動時間は約9.5時間。OSはWindows 10 Home。本体寸法は幅324×奥行き225×高さ14.9mm、重さは約1.29kg。予想実勢価格は18万7800円前後から。

 「Lenovo YOGA 300」は、エントリー向けのマルチモード対応ノートPC。11.6型HD(1366×768ドット)液晶とCeleron N3050プロセッサーを搭載。バッテリー駆動時間は約4.9時間。OSはWindows 10 Home。本体カラーは「エボニーブラック」「チョークホワイト」の2種類。本体寸法は幅299×奥行き209×高さ21.8mm、重さは約1.39kg。予想実勢価格は8万6800円前後。

本製品は、スピーディーな取り出し・移動・収納性について、徹底的にこだわったというプロ仕様のカメラバッグ。前面と背面をできる限り同じデザインに設計することで、上蓋をオープンにしたまま前後を逆に背負っても、蓋が邪魔にならない外開きで使えるのが特徴。

収納例は、バッテリーパック付きの一眼レフ2台、16-35mm F2.8クラスのレンズ、24-70mm F2.8クラスのレンズ、70-200mm F2.8クラスのレンズ、クリップオンストロボ、ノートPC(最大で15インチのMacBook Proに対応)。または、バッテリーパック付きの一眼レフ、150-600mmクラスの超望遠ズーム、アクセサリー類。 最上位モデルの13.3インチ・プレミアムモデルの「HP Spectre 13-4100 x360」は11月下旬発売で、直販サイト「HP Directplus」で税別12万9800円で販売する。

 新製品は、ラテン語の「spect(見る)」が語源の「Spectre」をブランド名に冠した。アルミニウム削り出しのボディに、アルマイト加工を施した上品なたたずまいの質感あるデザインだ。

 斜めからも見やすいIPSディスプレイの解像度はフルHD(1920×1080)で、枠との段差のないシームレスなデザインに仕上げた。飛行機の機内など薄暗いシーンでもタイプしやすいバックライトキーボードのほのかな光や、天面にあしらったダイヤモンドカットメタルの「HEWLETT PACKADR」のロゴなどがプレミアム感をさらに演出する。
サウンドでは、デンマークのハイエンドオーディオ製品メーカーの「Bang & Olufsen」のデュアルスピーカーを底面にレイアウトした。グラフィックイコライザーでクリアなサウンドが楽しめる。

 上質なデザインのなかにも、信頼性と耐久性を確保している。ヒンジは2万5000回以上の可動性テストを繰り返し、天面加圧試験も300kgfをクリアする。
ディスプレイは360度可動するので、スタンダードなノートPCモードのほか、タブレットやスタンド、テントモードなど4つの利用シーンで対応できる。

 CPUは省電力性とパフォーマンスを両立する第6世代のインテルのCore i5-6200Uプロセッサを搭載している。大容量の8GBメモリと、SATA M.2対応の265GBのSSDを採用している。無線LANは、IEEE802.11a/b/g/n/acとBluetooth4.0に対応している。

 インターフェースはDMI出力端子×1、USB3.0×3(電源オフUSBチャージ機能対応)、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1となっている。サイズは約326×219×15.5(最薄部)‐17.0(最厚部)mm、質量は約1.45kg。バッテリ駆動時間は、約12時間45分の長時間で安心だ。

ブラック基調にグリーンをアクセントしたゲーミングノート

 「ゲーム」では、15.6インチのWiondws 10 Home搭載の「HP Pavilion Gaming 15-ak000」を10月20日に発売する。「HP Directplus」での税別価格は10万9800円。
新製品はプレイ中のゲームへの没入感を高めるためにブラックを基調とし、アクセントカラーにグリーンを配色している。バックライトキーボードのキートップもグリーンに光る。

 パームレストも手前からキーボードに向かうに従い、ヘキサゴンドットのグリーンがグラデーション状にブラックに変わっていくなど細部のデザインもこだわった。  ディスプレイは、15.6インチワイドで非光沢フルHD(1920×1080)のIPSディスプレイを採用している。

Les commentaires sont fermés.